HOME > ニュース > 「第36回医療情報学連合大会」へ企業出展

「第36回医療情報学連合大会」へ企業出展

~「検査結果通知システム」を一般口演1「病院情報システム1」にて発表~

2016年11月4日
リード株式会社
代表取締役社長 塚越智和

リード株式会社(以下リード)は2016年11月22日(火)~24日(木)の3日間、パシフィコ横浜で開催される「第36回医療情報学連合大会」へ出展します。

第36回医療情報学連合大会のテーマは『「集める」「読む」「伝える」から「つなぐ」へ!~「たぶん」「おそらく」の確証~』であり、第36回連合大会が医療情報を最新の研究成果について議論をする「場」となります。

先日、各紙で報道された群馬大学医学部附属病院(以下群大病院)と共同開発した「検査結果通知システム」は 一般口演1「病院情報システム1」にて開発をした背景から仕組みまでを群大病院が発表し、リードは「検査結果通知システム」を企業展示します。

大会名

第36回医療情報学連合大会(第17回日本医療情報学会学術大会) 企業展示

日時

平成28年11月
22日(火)9:00~17:00
23日(水)9:00~18:00
24日(木)9:00~13:00

大会会場

パシフィコ横浜
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

展示ブース

No.40
※大会参加者以外のご入場はできません。

本リリースに関するお問い合わせ

リード株式会社
医療情報ソリューション
高橋・大野

  • ISMSに基づき情報セキュリティの管理運用体制を整備しています。

ページのトップへ戻る