HOME > ニュース > ASEAN-Japan Healthcare ICT Forum 参加のお知らせ

ASEAN-Japan Healthcare ICT Forum 参加のお知らせ

2017年2月13日
リード株式会社
代表取締役社長 塚越智和

リード株式会社(以下リード)は2017年2月19日から開催される「ASEAN-Japan Healthcare ICT Forum」に参加いたします。 昨今ASEAN各国でも光通信やブロード環境が整備されていますが、医療サービス等の地域格差は大きな問題となっています。

リードはASEAN諸国から来日されたゲスト向けに、群馬大学医学部附属病院システム統合センター 准教授 鳥飼幸太先生を講師に招き、遠隔医療の可能性について講義をしていただきます。 本セミナーを通して、ASEAN諸国に於いて医療診断システムが構築され、高水準の医療サービスを実現されること期待しています。
尚、本セミナーの一般聴講はございませんのでご了承願います。

「ASEAN-Japan Healthcare ICT Forum」の詳細は日本遠隔医療学会(以下JTTA)のホームページを参照してください。
日本遠隔医療学会 -ASEAN-JAPAN 医療ICTフォーラム(参加無料)開催のお知らせ-
※リードはJTTAの賛助会員に加盟しております。

リード株式会社(LEAD)についてhttp://www.lead-ltd.co.jp/

リードは、首都圏企業をはじめとした全国の企業に付加価値の高いITサービスを提供しています。 サービスの主なラインアップは、医療・介護システムの開発及び導入支援、個別企業の業務システム開発、ERP(総合業務パッケージ)導入支援、IBMi向けシステム開発、自社開発業務パッケージの導入の5つ。 それぞれでシステム提案から設計・開発・導入~保守・運用サポートのトータルサービスを提供しています。

本リリースに関するお問い合わせ

リード株式会社
医療情報ソリューション
高橋・大野

  • ISMSに基づき情報セキュリティの管理運用体制を整備しています。

ページのトップへ戻る